不労所得を得るためには?

不労所得を得るためには?

みなさんも一度は夢見たことがあるのではないでしょうか、働かずにお金が手に入る「不労所得」が手に入ればなぁ、しかし現実には全く何もせずお金が手に入るということは100%あり得ません。

不労所得というのは、お金を稼ぐ天才たちが稼働せずとも収入が得られる魔法のような仕組みを作りだすことで得られる「権利収入」と呼ばれるものなのです。

ではそんな経験やセンスもない一般人が不労所得を得ることはできないんでしょうか?答えは「ノー」です。

不労所得は仕組みを利用すればだれでも得られるようになりますし、実行するかどうかあなた次第なのです。

ではそんな一般人でもできる副業をいくつかご紹介したいと思います。

リモートWORK公式HP
手堅く副収入を得る!

誰でもできる不労所得3選

不労所得を得られる代表的な方法を例に出してみましょう

不動産投資

マンションの一室や賃貸物件などを人に貸し出し家賃収入を得る方法で、入居者がいる間はずっと収入が得られるようになります。

特に首都圏などの物件は人気が高く、空き室が出てもすぐに入居希望の方が現れるので収入を得やすいですし、不動産は価値が下がりづらいので仮に手放したとしても損をしづらいという点がメリットです。

デメリットは初期費用がかなりかかるということと、建物の維持費などの出費が必要になるという点です。

株式投資

株式投資は企業の株を購入して価格が上がるのを待つだけなのでほぼ稼働は必要ありませんし、小額で購入した株が数年後には何百倍に価値が膨れあがっているというのも珍しい話ではありません。

ただし株の価格が下がってしまえば損をしてしまうこともありますし、先のコロナなどがいい例ですが、世界的な事件などが起こると大きく価格が変動して大きな損失をしてしまうなどのリスクもあります。

投資信託

投資信託は運用する資金をプロの投資家たちに預けて運用してもらうので、経験や知識などがなくても始められるのが利点です。

しかしプロの方に任せる場合はその分手数料が発生することになりますし、必ずしも利益が出るわけではないというのも覚えておきましょう。

このほかにもFXや広告収入など、様々な方法がありますので、一度詳しくお調べしてみることをお勧めします。

不労所得を得るためのコツ

どうしたら不労所得を得られるようになるのか?

それは初期投資として労力をかけ、資金や時間を使い収益化させることです。

先ほどご紹介した副業についても、ある程度の初期費用やリスクは必ず存在しますので、それらを理解する努力や労力は惜しんではいけません。

また上記以外の仕事でも不労所得を得られるようになるには、ある程度の資金や収益化するまでの時間が必要だったりします。

つまりこれらを頑張れば、私たちでも不労所得を手にすることは可能なんです。

リモートWORKは実質不労所得

本編でも紹介しているリモートWORKは、自動お手伝いシステムなのでほぼ不労所得と言って差し支えないです。

知識や経験の必要もなく始められるのはかなりのメリットなので、気になっている方はぜひ実践してみることをおすすめします。

リモートWORK公式HP
手堅く副収入を得る!
TOPページを見る